ようこそ!自由の世界。

ここに私の空ですよ!
ここに多分大きくなかった、でも特別の世界です。
ここに悦子の自由の空だ!

YES! YES! YES!
yOU are stepping into a freedom world, without border......
AnD this is my place---- ETSUKO home!




Monday, April 09, 2012

マレーシャの若者たちに未来はありますか?

I forgot to upload this after a year, and this is my speech essay on 2011.


このようなのテーマを発表するのは、多分言い過ぎるかもしれません、ちょっと誇張するなるがだと思いますか。今の若者たちの精神は弱くなっていますか。社会のために、貢献していますか。実際は、そのテーマのポイントはマレーシャの若者たちの問題を特に指摘して、警告することが目的です。そして、これは自分の考えのが、皆様も違った意見もお持ち下さいけっごです。私は四つの内容をお話しています。

最初のポイントは社会の中若者たちの人生で、歴史から学らだ考えを持っていますか。簡単に言うと、現代の若者が歴史の知識がなくて、興味もないです。それは国の歴史のような広い視点をだけでなく、民族や家族の歴史のような狭い視点も含まれています。確かに、歴史が必須科目ですが、学生にとっては興味がないです。学校の先生から唯教科書の内容を教えて、学生の責任が試験のときぜひ正確の答えを書いて、つまり両方の交流を存在しないです。その学習は機械化学習です。一方で、若者たちにとって、歴史の勉強と未来の仕事に直接にお金と豊かな生活を保障しないです。だから、皆も歴史の学ぶのが無関係考えして、社会と国の発展も影響すると思います。歴史の重要性は名声と利益の目指しをではありません。実際に主体性が持った国はいつも世界の中で存在してします。歴史を学ぶない民族が人類文明の発展の中でだんだん自分の位置と存在を滅びて、何も残っていません。

つき、若者の間は個人主義的です。若者は昔の団結と協力に持っていません。東洋社会の団結が替わりに、西洋社会の個人主義と自由主義に替わりに、それで若者の生活主義になっています。つまり、個人主義が社会の中心になって、皆様も昔からの主観に従っていないです。それで、今の社会が変わることがありますか。誰も変わることは分かりません。ある成功しているマレーシャの若者は、東洋の素晴らしい伝統の本質と西洋の高度な知識を取り入れて、グローバル市場で自分の才能を活かして、成功しています。もし、反対に、東洋と西洋の一番価値を取り入らない若者たちはどうなるでしょうか。彼たちは知識がない場合自分の本質を失って、主体性のないに若者になってしまいます。

三番目は、社会では物質主義が重要となっています。社会のは生活水準と経済の力も上げでいます。しかし、いくら発展しても、物質原理を社会の軸に替わるものではない。物質社会では、毎日利益のために、人々を競争して、戦って、人間の発展を止めてしまいます。その状況を長い時間維持すると、人間性も失って、社会と国家もそのままで残って、何の発展も見られません。一つポイントは、人間発展において人間文明の存在を証明しなければ、その社会と国家は世界の中で永遠に失われるかもしれません。物質においては社会発展の証明です。しかし発展は頂点に到達したら、どんな有用な要素を使っても逆の効果を生み出します。若者は国家の柱であり、もし彼だが全て物質主義になったら、国家と社会の未来はあるでしょうか。

最後の問題は、若者が自分自身がまだ分かっていません。今急速な発展の時代に、若者は同時に異なる役割を演じている、しかし本来の役割が分からない。自分自身を見つけることができない人は自分の存在意味も分からない、なぜなら家族、家庭、社会などにおける役割も分からない。で、属するの気持ちがなくて、貢献もできない。その自分自身の問題は今の若者が歴史の理解をしていません。だから、曖昧な考え方をしています。若者たちはまた深く考えられない。そして、世代から世代に、同じ問題がいつも存在して、誰にも解決できません。その問題は歴史から学ぶことで、自分自身の問題も解決します。

以上の問題は考えて、個人と社会は両方の責任があります。個人にのみ責任がするとは思いません。ただ今回の私の目的は今の社会に警告を与えることで、未来のこともっと考えてほしいと思います。その結果、国家の発展に繋がり、人間の優しさも生まれると思います。

以上、私の発表の文章です。
どうもありがどうございました。

Monday, April 02, 2012

悦子的任性

房事终于大功告成了,好不容易也好不简单;只是,飘泊了逾三十载,一切终于尘埃落定了。对很多人来说,一些事情或者很多事情都是顺理成章、兴手捏来就可以达到的,自个儿却必须一步一脚印、竭尽所有能才可以达至的目标;曾经如斯自怨自艾的自己早已庆幸、甚至无限感恩那些颠簸、起落,因为这样的确让悦子的人生充满了如此滋润的生命养分啊!

可,有时候也会觉得悦子是任性的可以、冲动的可以、勇敢的可以!难道不是吗?没有所谓的安全准备、也没有安稳的后退之路、更没有厚爱的家财万贯,然后就拒绝了优差,决定冷却下来、再认真思索与计划一下前方的路。当然,任性的结果是必须自己去承担的;只是,如果没有任性的话,那么就不可能了解会出现什么样的结果、也不会知道怎么样去解决那些未知。

没办法,只能做了再说!

现在,决定做了,就回到了源头——思索思索未来怎么样的路。平心而论,悦子的人生计划还真是做到了现在就暂时停顿了,以后的日子呢?那还真是一个非常好的问题,如今确实是必须认认真真地思考了。简单的悦子从来就不会把事情想得有多复杂——伸缩性十足的悦子从来就像流水一般随遇而安:一不会过分跟随世俗社会既定的框框、二不会成为标新立异的新新人类,她要的就只是成为她自己罢了!

悦子每一次的回答和决定从来都是当下的决定,因此若干年前的思维或在年后有差异和变化,那绝对是悦子应时应地的真本性啊!当然,也是有人会认为那是反复无常、左右摇摆、前言不对后语等等。曾经对于这些点滴评语,介怀自然是存在的;可是日子长了,不禁觉得评论的人难道真的常年都固步自封吗?他们难道从来就没有改变吗?还是他们一点都不曾察觉自己的改变呢?想了想,就算了,毕竟我们自个儿的人生是在过自己的生活,不是他人的。

对于相关未来的大问题,一位前辈非常巧合地询问了自己,的确是让自己认真思考这样好似沉重也远见的人生题目——二十年后的自己是怎么样的?过什么生活?走怎样的路?

悦子的答案很简单——一是过着每一个人都在过着的日子,二是进行对生命、对自我心灵提升相关的学习。
对于这样的回答,前辈大感意外,因为悦子予人的印象总是积极进取、决策果断、勇敢坚毅,自然而然地会对未来生活远景有所规划、有所追求;或者讲白一点就是野心勃勃的家伙!;)
不过,悦子想活在当下就是人生最大的追求了;也许非常的没有大志,但是那样实实在在的生活就是最棒的幸福了!

至于未来想要做的事情,一时三刻还真很难想到;那么在那之前就过着日子吧!再怎样的任性,悦子终究不会越轨,那始终不是自己的风格。

人生の最愛

Loading...

I will follow you...